トップページ >

太陽グループについて >

グループ企業紹介 >

株式会社太陽ミリタリーセキュリティ

グループ企業紹介

株式会社 太陽ミリタリーセキュリティ

お店の安全を守るために

お客様と社員の安全を守る警備隊が警備会社として独立しました。

パチンコ店には特殊な機械を用いてパチンコ玉を不正に出すゴト師と呼ばれる集団が入り込むことがあります。また近年、全国的に拳銃発砲事件や置引き、暴力行為などの犯罪も増え続けています。太陽グループでは、このような犯罪からお客様と社員を守ることが最も大切なことだと考えました。そして、平成10年4月より即応予備自衛官によって構成された警備隊を組織し、安全確保に正面から取り組んでいます。さらに、凶悪化する犯罪に立ち向かい、より安全にお楽しみいただけるホール運営のために平成14年9月、北海道公安委員会の認定を受けた株式会社太陽ミリタリーセキュリティとして独立しました。

即応予備自衛官とは...?

日常、一般の方と同じように生活しながら有事の防衛出動はもとより東日本大震災のような災害時に常備の自衛隊とともに第一線に立って活躍する非常勤の自衛官です。身分としては非常勤特別国家公務員で、1年以上の自衛官勤務経験が必要とされています。年間30日の訓練招集が定められており、1回に2日~4日に分割されて自衛隊に出頭し、厳しい訓練を定期的に受けています。

もしゴト師集団が店舗に入ってきたら?

お店で緊急事態が発生した場合、太陽ミリタリーセキュリティに招集がかけられます。不正遊技を行うゴト師の背後に警棒を持った本格的な隊員が並び、無言の圧力をかけます。ゴト師は逃げたくとも退店すると自らの不正行為を認めてしまうので動けません。そうすることで、これまで幾度となくゴト師を取り押さえてきました。警備隊を組織した当初は、このような事件が何度もあり、当然通報も多くありました。これはゴト師の不正遊技が増えたわけでなく、これまで社員が怖がって通報を躊躇していた部分が、警備隊によって安心して通報できるようになった顕著な例と言えるでしょう。

"安心"を守り続ける太陽ミリタリーセキュリティ

お客様と従業員の安全を守る警備隊が警備会社として独立しました。

このように太陽ミリタリーセキュリティの活躍によってパーラー太陽での不正遊技に関する事件は目に見えて減少してきました。同時に駐車場での事件・事故も減ってきています。それは隊員が定期的に駐車場まで巡回し、目を光らせているから。車への子どもの置き去りなど、痛ましい事件・事故を未然に防ぐことも太陽ミリタリーセキュリティの重要な任務と捉えています。また、近隣の防犯活動はもちろん、除雪作業にも協力し、地域の皆様からも親しまれています。太陽グループが安心・安全な遊べる場所としてこれからも永く愛されるよう、太陽ミリタリーセキュリティは日々、研鑽を惜しみません。