トップページ >

採用情報 >

代表メッセージ

代表メッセージ

心をともにし、自由に未来を創造しよう。代表取締役社長 東原俊郎
  • 【夢、街、人へ】の意味を知ってほしい。
  • 【叶えたい夢】を持っていますか?
  • 下を向かずに歩ける人を求めます。

【夢、街、人へ】の意味を知ってほしい。

私たちのテレビCMをご覧になったことがあれば、このフレーズを聞いたり、観たりしたことがあるかもしれません。この言葉が意味することを知っていただきたい。できることなら感じて、いつでも胸に抱いてもらいたいと思っています。企業として社員の夢を叶え、街と人々に貢献することは当然のことです。それ以上に"想い"が大切だと思っています。社員に対する想い。幹部であっても、新入社員であっても、私にとっては変わらず大切な良きパートナーであってほしい。無理強いをして給料を払っているのだから働け!というスタンスはあってはいけないと思うのです。こちらの問いかけに対して、的確に応えてくれて、それを私がサポートする。そんな相思相愛の関係が重要だと考えています。そして、街と人。同じように、とある地域から「街に活力を」と要請を受ければ、最適な形態を考えて新規出店をする。人もそうです。目の前にある利益ばかりを求めるのではなく、将来どうすればみなさんが幸せになれるかなどを考えながら事業を進めていきたいと思っています。

このページのトップへ戻る

【叶えたい夢】を持っていますか?

これまでの太陽グループは、私はもちろん社員一人ひとりの「やりたい」「やってみたい」を起点とした取り組みから事業領域を広げてきました。ボランティア活動も、歌志内のファームも...全てが「やりたい」という抑えきれない熱い気持ちがあって初めてスタートしたのです。でも「太陽ってパチンコ店でしょ?」と思われるかもしれません。今、一番メジャーな事業はパチンコホール事業かもしれませんが、これから未来に向けて、あなたの「やりたい」ことが太陽の事業になるかもしれない。そう考えてみてはどうでしょうか? まだまだ発展途上の会社ですので、ポテンシャルは無限大です。そこに"あなた"という無限の可能性を加えることで、新たな"チカラ"が生まれるかもしれないのです。ワクワクしませんか? 気持ちが高鳴りませんか? そんなポジティブな人とともに、私は働きたいと思っています。

このページのトップへ戻る

下を向かずに歩ける人を求めます。

ここまで読んでいただければ太陽グループに、どんな人財が必要なのかということがわかっていただけたでしょう。最後に、よく企業のリクルーティングで「前を向いて」「上昇志向で」などという言葉を目にします。しかし、太陽グループの場合は"下"さえ向かなければ、どんな方向を向いていても構わないと思っています。むしろ、色んなモノを色んな角度から見て、聞いて、触って、感じてほしい。社員が張り巡らせたアンテナの分だけ太陽グループを、より成長させる糧になると信じています。いかがでしょうか。ひとつのことに固執せずに、ともに成長し、ともに喜びを分かち合いませんか。あなたの応募をお待ちしています。